白山開山1300年によせて  ふるさとの山「白山」展

深田久弥山の文化館

【開催期間】

7月8日~9月18日

【内容】

今年は、717年(養老元年)に越前の僧泰澄が白山を開山してより1300年にあたります。

各地でいろんな取り組みがされていますが、深田久弥山の文化館では、深田久弥の作品、初めて

の白山登山など、深田久弥の白山への関わりを中心に、白山の古地図など歴史的資料、我々が身

近に接する白山グッズ等、多面的に白山を紹介します。また、「白山」展クイズに答えると粗品がもらえます。

 

 

夏の風物詩【伝統文化】 全14種七夕飾りめぐり♪

加賀伝統工芸村  ゆのくにの森

【開催期間】

2017年6月16日(金)~8月31日(木)

 

【内容】

ゆのくにの森の夏の風物詩となる【伝統文化】第25回「創作七夕飾り」を行っています。毎年とても評判が良いイベントです。今年の力作!各館がそれぞれにデザインに工夫を凝らした「七夕飾り」が青葉の中、色とりどりに映えています。カエデや桜などの青葉の中を吹き渡る爽やかな風が少し色づくような感じがします。とても大きな「七夕飾り」ですので写真を撮る方がたくさんいらっしゃいます。「七夕飾り」は夏休みにご来村のお客様にも大変好評をいただいていまして8月31日(木)まで行います。是非ご覧になっていただきたいと思います。

DSC_0669

ゆのくにの森

 

 

7月 展観のご案内

加賀市美術館

加賀市美術館名品展

【開催期間】

5月12日(金)~7月23日(日)

7月29日(土)~9月3日(日)

【内容】

山田宗美の鉄打出工芸、大下雪香の加賀蒔絵、森本仁平・国本克己の油彩画をはじめ、
加賀藩お抱え絵師の佐々木泉景や京都画壇で活躍した加賀市出身の近代日本画家、
広田百豊が描いた屏風・掛軸など、加賀江沼ゆかりの美術工芸作品を展示しています。

【観覧料】

一般 200円
高齢者(75歳以上) 100円
高校生以下、障がい者の方は無料

※7月29日(土)からは「森本仁平展」と同じ観覧料になります。

 

加賀市美術館 開館20周年記念特別展
空と大地の画家 森本仁平展 -写実から詩情へ-

【開催期間】

7月29日(土)~9月3日(日)

【内容】

加賀市美術館の開館20周年を記念し、加賀市大聖寺出身の洋画家、森本仁平(1911~2004)の初期から晩年にいたる作品を一堂に展観します。
今回は彼が美術教師として、また画家として第一歩を踏み出した岩手県一関に所在する作品群を生地加賀市で初めて展示し、戦後の社会情勢に肉迫したシュールレアリスム的作風から今日よく知られるノスタルジックな詩情あふれる風景画まで、森本の仕事とその本質に改めて迫ります。

【観覧料】

一般 500円
高齢者(75歳以上) 250円
高校生以下、障がい者の方は無料

※上記の観覧料で加賀市美術館名品展もご覧いただけます。

 

オープニングイベント

【開催日】

7月29日(土) 10:00~

【内容】

加賀市美術館 開館20周年記念特別展 「空と大地の画家 森本仁平展 -写実から詩情へ-」の開催にあたり、オープニングイベントを行います。

◆10:00~ ウェルカム・コンサート
◆10:30~ 館長によるギャラリートーク

加賀市美術館友の会より、オープニングにご参加の皆様に冷たい飲み物をご用意しております。

【料金】

無料 ※要観覧料

 

実用筆ペン教室

【開催日】

7月20日(木)

【内容】

毎月、第三木曜日に開講する当館友の会による実用筆ペン教室です。
おひとりはもちろん、お友達、ご夫婦でも大歓迎です。

【参加費】

1回 1000円 (初回は500円で体験できます)

詳しくはこちら