H30年度冬期企画展

九谷焼窯跡展示館

 

【開催期間】

2019年1月16日(水)~2019年4月15日(月)

【内容】

平成30年度冬期企画展

九谷のカタチ 空間を飾る

今回の企画展では、「空間装飾」をテーマに「花」を飾る「花器」、「香り」を飾る「香器」、それ自体

が空間を飾る「飾り皿」や「飾り壷」を展示します。人は古来より、生活の中に彩りを添える為、また、

人をもてなす為に、身の回りに様々なものを飾り、楽しんで来ました。「花」を生けることで自然をより

身近に置き四季の風情を慈しんだり、「香」を置き、それを焚くことでその場を清め、心を整える一助と

しました。

そしてその行為は精神的な領域にまで高められ、「華道」、「香道」、「茶道」として私達日本人の文化

に深く根さずこととなりました。また、九谷焼は非常に装飾性の高い焼き物として知られています。

掛け軸や屏風を設えるように、皿や壷を飾ることはそれを観る人の中に華やかさや趣深さのような感情を

生じさせます。「想いを容れる」―これもまた器としての実用性の一つをいえるのではないでしょうか。

「空間を飾る」ことは、飾る「人」が、飾られる「物」と「場」で綴る「物語」―今回展示の作品がきっ

かけとなりご覧いただいた方がご自分の「物語」を見つけていただければ幸いです。

 

 

詳細はこちら

このチラシはこちら