令和4年度秋期企画展 江沼九谷の流れ 江戸後期の青手・赤絵・五彩手

九谷焼窯跡展示館

江沼九谷の流れ
江戸後期の青手・赤絵・五彩手

【開催期間】

 

令和4年10月5日(水)~令和5年1月16日(月)

 

【内容】

江戸時代後期から明治初期にかけて、青手・色絵五彩手・染付等の様式が復活し、さらに赤絵細描や金襴手の技法も確立され現代の「加賀九谷」の礎となりました。

本展示により、失ったものをもう一度復活させようと尽力した先人達の思いと、「加賀九谷」原点を感じていただければ幸いです。

 

詳細はこちら